AGAの悩みにプロペシアの処方が受けられる横浜の病院

日頃のケアも重要です

プロペシアに用いられているフィナステリドは5αリダクターゼ酵素への選択性があることで、他の酵素やホルモンへの影響が極めてすくなっているため、副作用が起きにくい特徴もあります。
横浜病院ではプロペシアの正しい使い方も丁寧に説明を行ってくれて、通常は1日1回0.2mgですが、AGAの状態によって1mgを上限に増量することが可能で、適量の指示を受けることが出来ます。
プロペシアをただ飲み続けるだけでなく、定期的に診察を行い順調に効果がでているかも確かめてくれます。
日頃の頭皮や髪の毛のケアについても相談に乗ってくれたり、髪の毛の健康によい食事の内容なども聞くことが可能です。
まれに副作用の症状が出る人もいるので、服用中に変化があった時にはすぐに診察を受けるべきです。

病院で見てもらおう | 男性ホルモンの影響 | 正常な発毛を促進 | 日頃のケアも重要です