AGAの悩みにプロペシアの処方が受けられる横浜の病院

男性ホルモンの影響

病院で見てもらおう | 男性ホルモンの影響 | 正常な発毛を促進 | 日頃のケアも重要です

後頭部は比較的男性ホルモンの影響を受けないため、薄くならずに残ることが多くなります。
横浜病院では頭皮と髪の毛の状態をみて処方を行う場合と、遺伝子検査まで行って判断する場合とがあります。
遺伝子検査まで行うと、正確に男性ホルモンが原因であることを確定できる要素を調べることが出来ますし、治療薬が有効的に働くかどうかも分かるため、より確実性が増します。
遺伝子検査は、現在薄毛になっていない段階でも、将来AGAになる可能性があるか判断するために用いることが出来ます。