AGAの悩みにプロペシアの処方が受けられる横浜の病院

病院で見てもらおう

横浜病院では薄毛の原因がAGA、いわゆる男性型脱毛症であった場合、治療薬として処方を行ってくれている専門外来があります。
AGAは遺伝や男性ホルモンが関連して起こり、テストステロンが毛根のところにある5αリダクターゼ酵素といっしょになるとジヒドロテストステロンに変化してしまいます。
このジヒドロテストステロンは毛周期を乱れさせる原因になってしまい、毛母細胞内に入ると細胞分裂が活発に行われなくなってしまうことが分かっていて、本来なら成長期の伸びる時期が短くなって、髪の毛も細く短いまま抜けていくことになるため薄毛につながります。
毛乳頭には遺伝により男性ホルモンの受容体が備わっている人がいて、そういう体質の人の男性ホルモンの分泌が活発であると症状が出やすくなります。
人によって頭頂部から症状があらわれる人と額の生え際の人、前頭部の人がいて、男性ホルモンの影響の受け方によって違いがあると考えられています。

病院で見てもらおう | 男性ホルモンの影響 | 正常な発毛を促進 | 日頃のケアも重要です